UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオ...|わたしのMIDIキーボードについて

product1
product2
product3
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )『APOLLO 8 QUAD』SHARCプロセッサーを4基搭載 クラシックアナログサウンドと次世代のオーディオコンバージョン わたしのMIDIキーボード bymask dB1
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )『APOLLO 8 QUAD』SHARCプロセッサーを4基搭載 クラシックアナログサウンドと次世代のオーディオコンバージョン わたしのMIDIキーボード bymask dB2
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )『APOLLO 8 QUAD』SHARCプロセッサーを4基搭載 クラシックアナログサウンドと次世代のオーディオコンバージョン わたしのMIDIキーボード bymask dB3

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )『APOLLO 8 QUAD』SHARCプロセッサーを4基搭載 クラシックアナログサウンドと次世代のオーディオコンバージョン わたしのMIDIキーボード bymask dB

341000円

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) Universal Audio社の歴史、それは1950年代にまで遡ります。レコーディングエンジニアとして、またスタジオの設計者として成功 を収めていたビル・パットナムは、フランク・シナトラ、ナット・キングコール、レイ・チャールズ、デューク・エリントン、エラ・ フィッツジェラルド他、当時のスターミュージシャン達のお気に入りのエンジニアとして活躍していました。 今もその音の良さに定評があるLAのオーシャンウェイスタジオも、彼が設計したスタジオの1つです。 また彼は、様々な録音手法を編み出したイノベーターとしても有名でした。今では当たり前に使われている人工的なリバーブ エフェクト、エフェクトセンドやボーカルブースを初めて使ったのも、ビル・パットナムなのです。 そんな彼が理想の音を求めて録音機材を製造する3つの会社、Universal Audio社、Studio Electronics社、そしてUrei社を設立し、 伝説ともいえる数々の名機達、例えばLA-2Aや1176を世に送り出してきたのです。 そして時は流れて1999年、ビル・パットナムのDNAを引き継いだ息子達、ビル・ジュニアとジェームス・パットナムがUniversal Audio社を再興。名機達を復活させ現代に甦らせたのです。それは当時の機器が現代の音楽シーンでも欠かせないものであり、多くの エンジニア達がビンテージ機器として修理を施しながらも大切に使っているのを目の当たりにしたからです。単なる復刻に留まらず、 新たなアイデアを投入した製品群は常にエンジニアの耳を虜にしています。 ハードウェアだけに留まらず彼ら兄弟は、名機達を現代のデジタル環境でのツールとして使えるようにするための挑戦を始めました。 なんと、ビンテージアナログ機器をデジタル的に細密に再現することに成功したのです。それは現存する本物の機材を徹底的に分析 し、回路レベルでエミュレートしています。 そのサウンドは元のアナログ機器の設計者も認めたサウンドで、実際に各メーカーからライセンス認証を受けています。 もちろん音が良くても、処理が重くては実用になりません。それを避けるためにUniversal Audio社は、コンピューター本体に負担を かけないDSPを用意するという方式を採用しました。 これが現在のDAW主体の音楽制作に於いて重要なツールとなっている、UAD-2シリーズです。 ソフトウェア/ハードウェアを含むすべての UA 製品は、50年にわたるイノベーション、比類のない品質、最新技術への情熱に支えら れています。 UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) 『APOLLO 8 QUAD』 SHARCプロセッサーを4基搭載 クラシックアナログサウンドと次世代のオーディオコンバージョン 世界で最も人気のあるプロフェッショナルオーディオインターフェイスのひとつがエレガントなアップデートを果たしました - Apollo 8 が、アナログレコーディングのトーン、フィーリング、ワークフローとともに、さらなる飛躍を遂げたサウンドをお届け します。 新たなルックスをまとったこの 18 x 24 Thunderbolt 2 インターフェイスが、本物のUAアナログデザインと次世代の A/D D/A コンバージョン、そしてクラス最高峰のオーディオクオリティを提供します。 UAの50年に渡る優れたアナログデザインの伝統を受け継ぐ Apollo 8 は、パワフルな UAD-2 QUAD / DUO プロセッシングと4基の Unison™ マイクプリアンプを武器に、比類なきパフォーマンスを発揮することでしょう。 【主な特長】 ●プロフェッショナルな音楽制作のための次世代 A/D D/A コンバージョン ●内蔵された UAD-2 QUAD / DUO CORE DSP によるリアルタイムUADプロセッシング ●4基のUnison対応マイクプリアンプ - Neve、API、UAといったプリアンプエミュレーションを使った録音が可能* ●パワフルなコンソール2.0ソフトウェアを備える、Mac用 18 x 24 Thunderbolt 2 オーディオインターフェイス ●Thunderbolt接続で Apollo インターフェイスを最大で4台 - トータルで6台までのUAD-2デバイスとカスケード可能 (Mac) ●ALTスピーカースイッチ、ファンクションスイッチ(DIM、MONO、ALT2を割り当て可能)を含む、 フロントパネルでの便利なモニタリング機能 ●"Realtime Analog Classics Plus" UAD プラグインスイートをバンドル ●ワールドクラスのUAアナログデザイン、優れたコンポーネント、プレミアム品質のフィニッシュ システム必要条件 【Macintosh】 ・Mac OS X 10.8.5 Mountain Lion, 10.9.x Mavericks, 10.10.x Yosemite ・UAD ソフトウェア v8.0.2 以降 ・Thunderbolt もしくは Thunderbolt 2 空きポート ・Thunderboltケーブル (別売) ・4GB以上の空きハードディスク容量 ・Quad-core i5 以上のプロセッサーを推奨 ・8GB以上のRAMを推奨 ・1024 x 800以上の高解像度モニター ・インターネット接続環境(ソフトウェアの入手、製品登録と追加プラグイン購入のため) ・AU / VST / RTAS / AAX64 対応ホストアプリケーション 【仕様】 システム I/O コンプリーメント: ・マイク・インプット 4 ・ハイ・インピーダンス(Hi-Z) インストゥルメント・インプット 2 ・アナログ・ラインインプット 8 ・アナログ・ラインアウトプット 8(モニターアウトを含むと10) ・アナログ・モニターアウト 2(ステレオペア) ・ヘッドホン・アウト 2 ステレオ ・ADAT S/MUX対応のデュアル I/O ポートを介して最大8チャンネル ・S/PDIF 1ステレオ・インプット、1ステレオ・アウトプット ・Thunderbolt 2 ポート 2 (Thunderbolt 1 コンパチブル) ・ワードクロック 1 アウトプット、1 インプット A/D – D/A 変換: ・対応しているサンプルレート (kHz) 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192 ・ビットデプス 24 ・同時A/D コンバージョン 8 チャンネル ・同時D/A コンバージョン 14 チャンネル ・アナログ信号経路におけるレイテンシー1.1 msec (サンプルレート96 kHz 時) ・最大4つのUADプラグインをConsole上で起動した際のアナログ信号経路におけるレイテンシー 1.1 msec (サンプルレート96 kHz 時) アナログ I/O 周波数レスポンス 20 Hz – 20 kHz, ±0.1 dB Microphone Inputs 1 - 4 ・コネクタータイプ XLR メス, pin 2 positive (Combo XLR/TRS) ・ファンタム電源 +48V (switchable per mic input) ・ダイナミックレンジ 120 dB (A–weighting) ・S/N 比 120 dB (A–weighting) ・THD+N –110 dBFS ・CMRR 73 dB (10’ cable) ・デフォルト・インプットインピーダンスe 5.4K Ohms (variable via Unison plug-ins) ・ゲインレンジ +10 dB to +65 dB ・パッド・アッテネーション 20 dB (switchable per input) ・最大インプット・レベル +25 dBu (minimum gain, pad engaged) Hi-Z インプット 1 - 2 ・コネクタータイプ ¼” メス TS Unbalanced ・ダイナミックレンジ 118 dB (A–weighting) ・S/N 比 118 dB (A–weighting) ・THD+N –101.5 dBFS ・インプット・インピーダンス 1M Ohms (variable via Unison plug-ins) ・ゲイン・レンジ +10 dB to +65 dB ・最大インプット・レベル +12 dBu ラインインプット 5 – 8 ・コネクタータイプ ¼” メス TRS Balanced (コンボ XLR/TRS) ・ダイナミックレンジ 120 dB (A–weighting) ・S/N 比 120 dB (A–weighting) ・THD+N –110 dBFS ・CMRR 60 dB (10’ cable) ・インプット・インピーダンス 10K Ohms ・ゲイン(チャンネルごとに選択)) +4 dBu 、 –10 dBV ・最大インプット・レベル (+4 dBu セッティング) +20.2 dBu ・最大インプット・レベル (–10 dBV セッティング) +6.2 dBV (アンバランス) ラインアウト 1 – 8 ・コネクタータイプ ¼” メスe TRS Balanced ・ダイナミックレンジ 121 dB (A–weighting) ・S/N 比 121 dB (A–weighting) ・THD+N –110 dBFS ・ステレオレベル・バランス ±0.05 dB ・アウトプット・インピーダンス 100 Ohms ・最大出力 +20.2 dBu モニターアウト・L&R ・コネクタータイプ ¼” メス TRS Balanced ・ダイナミックレンジ 121 dB (A–weighting) ・S/N 比 121 dB (A–weighting) ・THD+N –110 dBFS ・ステレオレベル・バランス ±0.05 dB ・アウトプット・インピーダンス 100 Ohms ・最大出力 +20.2 dBu ステレオヘッドホン・アウト 1 – 2 ・コネクタータイプ ¼” メス TRS ステレオ ・ダイナミックレンジ 118 dB (A–weighting) ・S/N 比 118 dB (A–weighting) ・THD+N –101 dBFS ・最大出力 160 mW into 300 ohm load デジタル I/O S/PDIF ・コネクタータイプ メス Phono (RCA) ・フォーマット IEC958 ・対応しているサンプルレート (kHz) 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192 ADAT ・コネクタータイプ(ADATと共有) Optical TOSLINK JIS F05 ・フォーマット ADAT Digital Lightpipe with S/MUX ・対応しているサンプルレート(kHz) 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192 ・チャンネルアサイン@ 44.1 kHz, 48 kHz Port 1 = Channels 1 – 8, Port 2 = 1 – 8 (ミラード) ・チャンネルアサイン @ 88.2 kHz, 96 kHz Port 1 = Channels 1 – 4, Port 2 = Channels 5 – 8 ・チャンネルアサイン @ 176.4 kHz, 192 kHz Port 1 = Channels 1 – 2, Port 2 = Channels 3 – 4 ワードクロック ・コネクタータイプ BNC ・ロックレンジ ±0.5% of any supported sample rate ・ワードクロック・インプットターミネーション 75 Ohms、 switchable シンクソース ・インターナル、ワードクロック、S/PDIF、ADAT 電源部 ・パワーサプライ 外部AC - DC パワーサプライ、 レベル V コンプライアント ・AC インプット・コネクタータイプ IEC オス ・AC 必要条件 100V – 240V AC、50 – 60 Hz ・DC コネクタータイプ XLR 4-ピン、ロック付きオス(Neutrik P/N NC4MDM3-H) ・DC 必要条件 12 VDC、 ±5% ・最大消費電力 50 ワット メカニカル 寸法 ・横幅 19インチ ・高さ 1.75インチ(1Uラックサイズ) ・奥行き(シャーシーのみ) 12.125インチ ・奥行き(ノブ、ジャック等の突起物含) 13.5インチ ・外箱の大きさ(W x D x H) 24インチ x 17インチ x 8インチ 重量 ・発送時の重量(外箱、アクセサリーを含む) 18 パウンド ・重量(ユニット自体) 9.1 パウンド パッケージの内容 ・Apollo 8 オーディオインターフェイス・ユニット ・外部パワーサプライ ・ゲッティングスタートURL カード ・ラックマウントねじ(4)